印刷

お知らせ・情報

世界柔道選手権大会2010東京大会の報告会開催及び学生表彰実施

2010/10/11

 10月9日~11日に開催した第36回筑波大学学園祭(雙峰祭)の後夜祭で,先に開催された世界柔道選手権大会2010東京大会(国立代々木競技場:2010.09.09-13)で筑波大学在学生6名がメダルを獲得した快挙の報告会を行い,その後,上半期の学生表彰を行いました。
 報告会では,岡田弘隆筑波大学柔道部総監督(筑波大学人間総合科学研究科,准教授)から大会概要と選手の紹介を行いました。次いで,選手一人ひとりから応援のお礼やエピソードの報告があり,その都度,会場からは大きな拍手と歓声があがりました。
 引き続き学生表彰を行いましたが,この表彰は,スポーツ,文化,芸術や各研究分野における論文発表,研究コンテストなどで功績のあった学生を表彰する制度です。世界柔道選手権大会の6名を含む11名の学生を,山田信博筑波大学長が功績を讃え,賞状の授与と,柴田良貴教授(筑波大学人間総合科学研究科)が表彰のために特別に制作した「初夏のゆりのき通り」のブロンズ像の贈呈を行いました。
 最後に,山田学長が,学生の活躍ぶりに賞賛と,更なる活躍にエールを送ると,会場は大いに盛り上がりました。

左から,2人目,世界柔道選手権大会の概要を説明する岡田総監督,西川潔筑波大学副学長,山田学長
左から,2人目,世界柔道選手権大会の概要を説明する岡田総監督,西川潔筑波大学副学長,山田学長
拡大画像
賞賛と,更なる活躍にエールを送る山田学長(中央)
賞賛と,更なる活躍にエールを送る山田学長(中央)
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ