印刷

お知らせ・情報

第31回菅平動物学セミナー開催

2010/12/03-05 菅平高原実験センター

 12月3日~5日,筑波大学菅平高原実験センターにて「第31回菅平動物学セミナー」を開催し,筑波大学,福島大学,群馬大学,信州大学,北海道大学,首都大学東京,自治医科大学,獨協医科大学,独立行政法人理化学研究所,独立行政法人農業生物資源研究所など,北海道から兵庫県に至る各地から78人の学生,大学院生,教員,研究員及び小中高等学校教諭が,また,筑波大学生物学類が主催する独立行政法人科学技術振興機構(JST:Japan Science and Technology Agency)の委託事業(未来の科学者養成講座)である「BSリーグ」で最終ステップ(BS1リーグ)に昇格した高校生3人も参加しました。
 同センターは,1980年より毎年暮れに,学生,大学院生及び小・中・高等学校教諭による,動物学関係の研究発表会を開催しています。最初は昆虫類を中心とした「菅平昆虫学セミナー」として開催しましたが,その後,研究対象の広がりに合わせ「菅平前口動物学セミナー」,そして今回からは「菅平動物学セミナー」へと改称しての開催となりました。
 このセミナーの大きな目的の一つは,動物に関する研究を行っている学生,大学院生及び理科教育に携わっている教員に発表の機会を与え,参加者の研究発展のステップアップをはかることですが,回を重ねるごとに,参加者の研究内容,発表技術には,格段の向上がみられ,今年はこれまでの講演数を大幅に超えるバラエティーに富んだ37題の講演がありました。いずれも質が高く,多くのサジェスチョンやコメントをいただけましたが,講演後も熱気が冷めず,夜遅くまで熱い議論が交わされ,大いに交流が図られました。

参加者全員での記念撮影
参加者全員での記念撮影
拡大画像
メモを取りながら熱心に講演を聞く参加者
メモを取りながら熱心に講演を聞く参加者
拡大画像
BSリーグの高校生の講演
BSリーグの高校生の講演
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ