印刷

お知らせ・情報

生命グローバル30英語コース等の野外実習開講

2011/01/07-11 菅平高原実験センター

 1月7日~11日,生命グローバル30英語コース“Laboratory and Field Studies in Land Biology”を開講しました。この実習は,典型的な中部山岳地帯の積雪期における動物を中心とした生物の生き様に触れ,生物に対しての認識を深めることを目的としています。
 このグローバル30に加え,筑波大学留学生センターの留学生を対象としたJTP(Junior Year at Tsukuba Program:筑波大学短期留学国際プログラム)生物学セミナーI(Seminar in Biology I)及び筑波大学生物学類生対象の「陸域生物学実習」とを,コードシェアにより同時開講しました。このため,中国5人,台湾1人,タイ1人,ナイジェリア1人,アメリカ3人,ロシア1人及び日本6人の計18名と,国際色豊かな実習となり,国際交流の観点からも非常に有意義で楽しい実習となりました。
 気温は-20℃前後,もぐりやすい新雪の中のきつい野外活動でしたが,その分,厳冬期にたくましく生きる動物たちの生き様が強く印象付けられるものとなりました。
 なお,筑波大学菅平高原実験センターの厳冬期ならではの同様の実習は,本年3月にも開講を予定しています。

完全凍結した,同センター内にある「大明神の滝」の前での記念撮影
完全凍結した,同センター内にある「大明神の滝」の前での記念撮影
拡大画像
野生動物撮影用赤外線センサーカメラの設置完了!
野生動物撮影用赤外線センサーカメラの設置完了!
拡大画像
野外活動での採集品の整理
野外活動での採集品の整理
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ