印刷

お知らせ・情報

そよかぜ保育所開所式開催

2011/01/11附属病院

 1月11日,筑波大学附属病院では,筑波大学春日プラザ2階において「国立大学法人筑波大学そよかぜ保育所」開所式を開催しました。
 開所式では,山田信博筑波大学長による挨拶及び玉井(株)サクセスアカデミー執行役員営業本部長による祝辞の後,保育所概要説明,スタッフ紹介,看板上掲セレモニー及び保育所の施設見学を行い,清水一彦副学長,赤平昌文副学長,塩尻和子副学長,森本浩一副学長,鈴木久敏副学長及び五十嵐徹也附属病院長を始め,多数の学内関係者及び病院関係者が出席しました。
 「そよかぜ保育所」は,筑波大学2か所目の保育所として,本学の環境と特色を十分に生かしながら,児童憲章に示されている「児童は人として尊ばれる。児童は社会の一員として重んぜられる。児童は良い環境の中で育てられる。」という理念を,日常の保育において実践し,児童の福祉の向上に寄与します。また,男女職員の子育て環境の支援を行うことにより,就業環境の一層の向上に努め,優秀な医療従事者を確保するとともに,男女共同参画社会実現に資することに法人として取り組むことを目指しております。

山田学長挨拶
山田学長挨拶
拡大画像
看板上掲の様子。左から,塩尻副学長,鈴木副学長,玉井営業本部長,山田学長,五十嵐附属病院長,神崎そよかぜ保育所副所長
看板上掲の様子。左から,塩尻副学長,鈴木副学長,玉井営業本部長,山田学長,五十嵐附属病院長,神崎そよかぜ保育所副所長
拡大画像

このページのトップへ