印刷

お知らせ・情報

笠浩史文部科学大臣政務官が筑波大学を視察

2011/02/02

 2月2日,笠浩史文部科学大臣政務官が筑波大学を視察されました。
 笠政務官は,山田信博筑波大学長から,筑波大学の概要及び主な取り組みについての説明を受けた後,藻類バイオマスエネルギーの視察を行いました。高度なオイル生産能力を有する藻類の培養装置を見ながら,渡邉信教授(筑波大学生命環境科学研究科)から炭化水素産生藻類~未来の石油代替資源~の説明を受けられました。
 また,昨年末に筑波大学大学会館に建立した「嘉納治五郎先生之像」も視察されました。
 視察には,小松親次郎文部科大臣官房審議官(高等教育局担当),前田幸宣秘書官及び国立大学法人支援課支援第二係の内田智也氏が随行されました。
 なお,小松審議官は,引き続き,筑波大学の春日プラザ(人間総合科学研究科世界文化遺産学専攻,国立大学法人筑波大学そよかぜ保育所,国際交流コーナー等)及び図書館情報メディア研究科関連施設(情報メディアユニオン,図書館情報学図書館)を視察されました。

山田学長(左から3人目)から説明を受ける笠政務官(右から3人目)
山田学長(左から3人目)から説明を受ける笠政務官(右から3人目)
拡大画像
左から,炭化水素産生藻類の説明を行う渡邉教授,同説明を受ける笠政務官と小松審議官
左から,炭化水素産生藻類の説明を行う渡邉教授,同説明を受ける笠政務官と小松審議官
拡大画像
嘉納治五郎先生之像の前で記念撮影(前列右から,山田学長,笠政務官,小松審議官
嘉納治五郎先生之像の前で記念撮影(前列右から,山田学長,笠政務官,小松審議官
拡大画像

このページのトップへ