印刷

お知らせ・情報

平成22年度冬の大明神の滝ツアー開催

2011/02/03,05 菅平高原実験センター

 2月3日午前,5日午前と午後各1回の計3回に分けて,筑波大学菅平高原実験センターで冬の大明神の滝ツアーを開催し,総勢84人もの参加を頂きました。
 一昨年,同センターの創設75周年記念イベントとして開催した「筑波大学菅平高原実験センターオープンデー」で,初めて大明神の滝の見学ツアーを行い,その折の要望により,昨年2月に「冬の「大明神の滝」見学ツアー」を開催しました。好評を頂くと共に,再度開催のご要望も多数頂きましたので,今年も開催したものです。
 ツアーコースは,草原からアカマツを主体とする二次林そしてクリ・コナラの広葉樹林を抜けながら,凍結した大明神の滝を目指します。両日とも天候に恵まれ雪上に残った動物の足跡や冬芽の観察など冬ながらの楽しみを味わうことが出来ました。目的の「大明神の滝」に着くと,そのダイナミックな姿と蒼く凍った美しさに参加者からは感嘆の声があがりました。
 復路では,同センター内にある旧宿舎「大明神寮」を開放し,希望者にには内部の見学をしていただきました。見学された方からは,「歴史ある建造物なので,是非保存を!」との要望が多数寄せられました。
 信濃毎日新聞社,週刊上田及び上田ケーブルビジョンの報道機関も取材に訪れ,メディアからの注目度の高さも伺われました。

滝に向かう列の先頭で,雪上に残った動物の足跡の解説をする町田龍一郎教授(筑波大学生命環境科学研究科)
滝に向かう列の先頭で,雪上に残った動物の足跡の解説をする町田龍一郎教授(筑波大学生命環境科学研究科)
拡大画像
大明神の滝について解説する恩田義彦研究員(同:右から2人目)
大明神の滝について解説する恩田義彦研究員(同:右から2人目)
拡大画像
保存が望まれる「大明神寮」を見学する参加者
保存が望まれる「大明神寮」を見学する参加者
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ