印刷

お知らせ・情報

平成22年度関東・甲信越地区及び東京地区実践セミナー(産学連携の部)開催

2011/02/01

 2月1日,筑波大学は,社団法人国立大学協会の関東・甲信越地区及び東京地区支部主催「平成22年度関東・甲信越地区及び東京地区実践セミナー(産学連携の部)」を,地区の当番校として開催しました。
 この研修は,産学連携に携わる実務担当者を対象として,国立大学法人等の職員に必要とされる専門分野毎の知識の習得と,能力の向上を図ることを目的として行われ,25機関から42人の参加がありました。
 セミナーでは,筑波大学の上原健一産学リエゾン共同研究センター長による「筑波大学の産学官連携活動とその課題~筑波研究学園都市の状況も交えて~」,財団法人安全保障貿易情報センター(CISTEC:Center for Information on Security Trade Control)の後藤政志輸出管理アドバイザーによる「大学における機微技術と安全保障-教育・研究の国際化を巡って-」,橋爪淳文部科学省研究振興局研究環境・産業連携課技術移転推進室長による「産学官連携の現状と課題」と題した講義のほか,「共同研究・受託研究等の受入れについて」,「知的財産等について」,「産学連携について」と題するワークショップを行ない,参加者は活発な意見交換等を行いました。

講義する橋爪技術移転推進室長
講義する橋爪技術移転推進室長
拡大画像

このページのトップへ