印刷

お知らせ・情報

筑波大学各施設責任者の皆様へ:実験室及び食堂等に通電が必要な場合の取り扱い

2011/03/12災害対策本部長

 筑波大学筑波地区の建物は,安全未確認のため,現在すべての電気を停止しています。
 ただし,特別な実験等のため,実験室に通電を必要とする場合及び学内食堂の安全衛生管理のため通電を必要とする場合は,以下の条件のもとに,施設部立会で通電を許可することがあります。

1 通電することの極めて高い必要性があること。
2 通電することによる危険性がないこと。
3 当該施設の責任者のもとに安全体制が整備されていること。
4 事前に,責任者が災害対策本部(本部棟北側車庫)に赴き,事情を説明すること。

※14日以降の取り扱いは,関連リンク「筑波大学各施設責任者の皆様へ:筑波大学筑波地区の建物(階,部屋)の電力供給の再開手続きについて」をご覧ください。

関連リンク

このページのトップへ