印刷

お知らせ・情報

学生,保護者の皆様へ:筑波大学筑波キャンパスの現況

2011/03/2315:00 現在

 3月11日(金)14:46に発生した東北地方太平洋沖地震により,本学筑波キャンパスにおいても震度6弱の烈震を受けました。
 地震発生直後,筑波キャンパス内にいた者の緊急屋外避難等を行ったことにより,幸いなことに負傷者は出ませんでした。しかしながら,建物自体の倒壊は免れることができたもののライフライン(電気,上水,トイレ用水及びガス)が途絶したため,一の矢学生宿舎居住者(約550人)の緊急一時避難先の確保・誘導等など,24時間体制で対応しました。
 地震発生直後から建物内立入禁止規制を行うとともに,土・日を含め順次建物等の安全確認,ライフラインの復旧に努力していますが,現時点においても平常時の状態に戻っていません。
 また,大きな余震は11日以降も時々発生しており,本日も震度4が1回,震度3が2回発生しています。
 ※本学ホームページ「【筑波キャンパス】ライフライン,授業,行事等状況一覧」(下記関連リンク)において最新情報を掲載しています。

1 建物,ライフライン等の復旧状況
(1) 建物
  建物については,危険性が予想される建物等については立入禁止措置等を講じるとともに,その他の建物について順次個別に安全確認を行っている最中です。
 (参考)例年,卒業式・学位記授与式を行っている大学会館の講堂・ホールについて精査した結果,天井つり金具等が一部破損し,強い余震があった場合,天井が落下する可能性があることが判明したため,現在使用禁止にし,卒業式・学位記授与式の開催を中止しました。復旧の目途は立っていません。
(2) ライフライン
  以下の状況であり,未だ一部において飲料水及びトイレは利用できません。
 ・電気:ほぼ復旧済み
 ・ガス:ほぼ復旧済み
 ・上水(飲料水):概ね7割復旧済み
 ・中水(トイレ用水):概ね7割復旧済み
(3) 食堂
  学内の食堂は営業中止中です。

2 交通機関の状況
  主な交通機関の本日(23日)の運行状況は,計画停電の影響もあり,次のとおりです。
 ・関東鉄道バス(つくばセンター~筑波大学):土日祝日ダイヤで運行
 ・つくばエクスプレス:8割程度の運行(快速列車の運転は中止)
 ・常磐快速線(上野~取手):6割程度の運行
 ・常磐線(取手~土浦):4割程度の運行
 ・ 同  (土浦~水戸方面):運転見合わせ
 ・常磐線各駅停車(綾瀬~取手):通常運行
 ・高速バス(東京駅~筑波大学):通常運行

3 福島第一原子力発電所の事故による影響について
  放射線量について,公的機関及び筑波大学筑波キャンパス構内にあるアイソトープ総合センターでの測定データでは,これまで人体に影響のある数値は出ていません。
 ※本学ホームページ「筑波大学アイソトープ総合センターにおける放射線量測定結果」(下記関連リンク)において筑波大学及び公的機関の最新データを掲載しています。

関連リンク

このページのトップへ