印刷

お知らせ・情報

「つくばエコシティ推進賞2010」表彰式開催

2011/05/24

 5月24日,筑波大学つくば・地域連携推進室つくばエコシティ推進グループ(グループ長:井上勲教授(筑波大学生命環境科学研究科))主催の「つくばエコシティ推進賞2010」表彰式を開催しました。
 この賞は,同グループが2008年度に設け,主に省エネ方策などを初めとする環境負荷低減,環境保全,環境教育,低炭素田園空間の創出など,「環境」をテーマとした取り組みで,特に顕著な功績があったものを毎年表彰するもので,筑波大学における環境意識の向上及びつくばエコシティ構想の浸透・拡大に資することを目的としています。
 なお,この度の表彰式は,当初3月24日の開催を予定しておりましたが,東日本大震災のため,5月に延期しての開催となりました。
 応募のあった取り組みの中から,同グループ員の選考により11件の取り組みを選び,最優秀賞,優秀賞,シナジー賞,社会貢献賞及びグリーン賞を,また,同グループが行っている「エコステーション」でのリサイクル促進及び「エコドライブ」の推進に積極的に貢献した教職員と学生5人には「特別賞」を授与し,使用済み蛍光管をリサイクルしたガラス製の楯を副賞として贈りました。
 表彰式の後,受賞者には受賞した取り組みの発表を行って頂き,森本浩一筑波大学副学長(つくば・地域連携推進室長)からは,「学外組織や市民との協働など,工夫を凝らして,自然共生や環境負荷低減への取り組みが行われていることに感心した。」との講評がありました。更に,大震災を機に街を元に戻す“復旧”だけではなく,あるべき街を目指す“復興”が謳われていることから,筑波大学が「環境に優しい」,「リサイクル」,「生態系保全」などをキーワードに政策に提言することで復興へ貢献すること,筑波大学自体が日本に誇れるエコキャンパスとなるよう実現へ努力すること及び今後はグループや研究科を超えた新しい連携・協力が必要であり,その一翼を担う必要があることを述べました。
 同グループでは,取り組み表彰のほかにも,次世代環境教育の検討,カーシェアリング実証実験,資源回収ステーション運営,エコドライブ教習会開催など,筑波大学内での取り組みを通してエコシティの構築を推進しています。

○つくばエコシティ推進賞2010
・最優秀賞
 千葉親文准教授(筑波大学生命環境科学研究科)
 「井守も棲める谷津田・里山環境の復元および維持管理ネットワークの構築2010」
・優秀賞
 渡辺守環境マイスター委員会委員長(同,教授)
 「つくば市環境マイスター」
・シナジー賞
 つくべじ・アグリケーションプロジェクト
 藤井さやか講師(筑波大学システム情報工学研究科)
 「生活困難地域と農業者をつなぐ産官学連携体制の構築と地域貢献事業の試験的実践」
・社会貢献賞
 上原拓也氏(同生命環境科学研究科博士課程前期1年)
 「つくバグ」
  
○グリーン賞:7件(順不同)
・つくば3Ecafeプロジェクトチーム
 「Let’s ちゃりレボ! -創ろう自転車のまちつくば-」
・佐藤良太氏(筑波大学システム情報工学研究科博士課程前期2年) 
 「つくばサイクルプロジェクト(Tsuku-Bike)」
・原朋弘氏(同国際総合学類2年)
 「筑波にマイカップ自販機を!」
・ 筑波大学菅平高原実験センター・ナチュラリスト養成講座実行委員会
 (沼田治筑波大学菅平高原実験センター長,生命環境科学研究科,教授)
 「菅平高原実験センターを利用した環境教育活動の持続システムの構築:地域住民を対象としたナチュラリスト養成講座の開催」
・筑波大学ラグビー部
 (嶋崎達也特任助教(筑波大学人間総合科学研究科(体芸))
 「ラグビー部 環境委員会」
・ADPウォーターフロントプロジェクト
 (貝島桃代准教授(同人間総合科学研究科,芸術専攻))
 「ウォーター フロント」
・筑波大学附属坂戸高等学校
 「校内のゴミ分別とエコキャップ運動」

○特別賞:5件(順不同)
 ・葛山清光専門職員(筑波大学総務部情報化推進課)
 「エコドライブ教習優秀インストラクター」
 ・坂本義五専門職員(同環境安全管理課)
 「同」
 ・長谷川大輔氏(筑波大学システム情報工学研究科博士課程前期2年)
 「エコドライブ教習会への積極的協力」
 ・遠藤立野氏(同体育専門学群4年)
 「ECO-STATION運営に関する献身的サポート」
 ・栗本宣和氏(元筑波大学体育・芸術系支援室準研究員)
 「「ECO-STATION」をはじめとした学内のリサイクル推進,廃棄物の削減,環境意識の向上」

受賞した取り組みの発表を行った受賞者のみなさん
受賞した取り組みの発表を行った受賞者のみなさん
拡大画像
趣旨説明をする井上グループ長
趣旨説明をする井上グループ長
拡大画像
副賞の廃蛍光管を利用したガラス製の楯
副賞の廃蛍光管を利用したガラス製の楯
拡大画像

このページのトップへ