印刷

お知らせ・情報

RU11シンポジウム(第1回)に筑波大学長等が参加

2011/06/11

 6月11日,仙台市(ウェスティンホテル仙台)において開催された,RU11シンポジウム「知」の力による我が国の創造的復興と未来に向けて-今を乗り越え,明日を目指して-(第1回)に,筑波大学から,山田信博学長,赤平昌文副学長(研究担当)等が参加しました。
 このシンポジウムは,最先端科学の研究と教育を担う日本の主要研究大学(RU(Research University)11:北海道大学,東北大学,筑波大学,東京大学,早稲田大学,慶応義塾大学,東京工業大学,名古屋大学,京都大学,大阪大学,九州大学で構成)が,この度の東日本大震災をどのように捉えたのか。今,そしてこれから何をなすべきか。自省も込めたさまざまな視点からの考察をもとに,先端科学を今後どのように導き,活用していくことが真に国民への,さらに広く人類への貢献となるのかを議論し,社会に発信することを目的としたものです。
 シンポジウムの冒頭,松本紘京都大学総長,鈴木寛文部科学副大臣,唐木英明日本学術会議副会長が挨拶を行い,引き続き,東北大学,東京大学の両被災大学とともに,本学の山田学長は筑波大学の施設,研究環境,茨城県の産業等が被った被害を報告し,同時に,復旧・復興へ向けた取り組みの提案を行いました。
 最後に,鈴木寛文部科学副大臣,櫻井充財務副大臣,唐木日本学術会議副会長,RU11の学長,副学長,企業の科学技術担当の幹部等が参加したラウンドディスカッションが行われ,この度の震災が科学への信頼に与えた影響,被災地の復興と日本の新生に向けた大学の役割などについて,活発な議論が展開されました。
 RU11シンポジウムは,今後も各構成大学において,順次開催していく予定です。

会場の様子
会場の様子
拡大画像
筑波大学の被災状況について報告する山田学長
筑波大学の被災状況について報告する山田学長
ラウンドディスカッションにおいて発言する赤平副学長
ラウンドディスカッションにおいて発言する赤平副学長

このページのトップへ