印刷

お知らせ・情報

超高速インターネット衛星「きずな」実証実験への貢献に対しJAXAから感謝状

2011/06/22

 本学は,2008年2月に打ち上げられた超高速インターネット衛星「きずな」を利用した遠隔授業実験をその運用初期の2008年度から3年間継続的に行って実証実験に貢献したことに対して,6月22日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)から感謝状の贈呈を受けました。
 このことについて,7月13日に,本実験の担当者である社会・国際学群国際総合学類の福井幸男教授,亀山啓輔准教授,高橋伸准教授,中村光晃研究員が、山田信博筑波大学長に報告を行い,山田学長からこれまでの功労に対するねぎらいと今後の展開に対する励ましの言葉がありました。
 本学社会・国際学群国際総合学類では,アジア・eラーニング・プロジェクトとして,世界最高速の衛星通信性能を備えた超高速インターネット衛星「きずな」を利用し,タイのアジア工科大学院(AIT)とマレーシアのマルチメディア大学(MMU)と本学の3大学間での授業を開講し,相互配信実験を行っております。

JAXA感謝状
JAXA感謝状
拡大画像
学長報告:左から清水副学長,亀山准教授,山田学長,高橋准教授,福井教授,中村研究員
学長報告:左から清水副学長,亀山准教授,山田学長,高橋准教授,福井教授,中村研究員
拡大画像
感謝状贈呈の様子
感謝状贈呈の様子
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ