印刷

お知らせ・情報

サイエンスキャンプDXを開催

2011/08/16-19 菅平高原実験センター

 8月16日~19日,生物学類が提案した「フィールドに出よう~夏の菅平高原で生物学を学ぼう~」が,独立行政法人科学技術振興機構(JST)サマーサイエンスキャンプDXに採択され,菅平高原実験センターで開催されました。北は宮城県,西は福岡県の全国各地から28人の生物好きの小学校児童,中高校生が涼しい菅平高原に集まり,いろいろなメニューのもと,熱心に自然,生物,生物学を学びました。サイエンスキャンプとは,実習・実験を主体とした科学技術体験合宿プログラムで,第一線で活躍する研究者などから直接指導を受けることで,若い世代に科学の面白さを実感してもらおうとするものです。今回開催された「フィールドに出よう~夏の菅平高原で生物学を学ぼう~」には,昨年度まで生物学類が主催してきたJST「未来の科学者養成講座」の委託事業「BSリーグ-めざそう未来の生物学者!-」の発展プログラム「SSリーグ(Super Science League)」の受講生も参加しています。
 構内のエクスカーションでは植生遷移を実感しながら,いろいろな動植物,菌類を観察しました。赤外線センサーカメラではカモシカ,キツネ,ハクビシンなどの姿を捉えることができ,野生動物の息吹を感じました。夜の部の,キャンプ参加生全員による研究発表会では活発な意見交換が行われました。また,渡辺文雄上田創造館前館長による「星の観察会」では天文のことをいろいろ学びました。実験室では,昆虫や菌類の標本作製,ショウジョウバエを材料とした走査型電子顕微鏡観察,透過型電子顕微鏡観察や準薄切片法を学び,また,遺伝子組換え実験も行いました。
 北村勝朗JSTサイエンスキャンプ分科会委員(東北大学教授),小林洋JST理数学習支援部主任調査員,岩崎靖プログラム評価委員(伊那北高等学校教頭)の視察もいただきました。意見を参考にして,今後も,生物学類,菅平高原実験センターは小学生,中高生などの若い世代に対する科学教育活動を積極的に推進していきます。

透過型電子顕微鏡観察
透過型電子顕微鏡観察
拡大画像
エクスカーション-キノコ観察-
エクスカーション-キノコ観察-
拡大画像
キャンプ参加者全員での記念撮影
キャンプ参加者全員での記念撮影
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ