印刷

お知らせ・情報

救急・災害医療講演会を開催

2011/09/02

 9月2日,筑波大学医学群臨床講義室Aにおいて,「救急・災害医療講演会」を開催しました。これは,筑波大学東日本大震災復興支援プログラムの一環として開催されたものです。
 当日は,水谷太郎教授(筑波大学人間総合科学研究科,救急・集中治療部長)の司会により,五十嵐徹也筑波大学副学長・理事,附属病院長)のあいさつ後,田勢長一郎福島県立医科大学医学部救急医療学講座主任教授から,「原発事故に対する医療班の立ち上げおよびドクターヘリの問題点」と題した講演が行われました。
 講演では,放射線に関する基礎知識に始まり,東日本大震災発生時,福島県立医科大学のドクターヘリを使用した医療活動,福島県立医科大学の被ばく医療体制,福島第一原発での傷病者発生対応など多岐にわたる話題について,学内外から集まった約80人の参加者が熱心に耳を傾けました。

講演を行う田勢主任教授
講演を行う田勢主任教授
拡大画像
講演会の様子
講演会の様子
拡大画像

このページのトップへ