印刷

お知らせ・情報

第37回学園祭「雙峰(そうほう)祭」を開催

2011/10/08-10

 10月8日~10日にかけて筑波大学雙峰祭が開催されました。
 今年は3日間とも好天に恵まれ,つくば市内のみならず全国各地から多くの方々にご来場いただき,雙峰祭を楽しんでいただくことが出来ました。
 今年の雙峰祭は,学術研究企画や講演会が充実しました。特に,学園祭実行委員会が企画した本学OBの武田真一氏(NHKアナウンサー)の講演会では,開演前から入場を待つ長い行列ができるほどの盛況でした。また,大学院生の団体つくば院生ネットワークの主催した「院生プレゼンバトル」では,予選を勝ち抜いた6人の大学院生が,自らの研究内容を発表し,山田信博筑波大学長,西川潔副学長,清水一彦副学長,赤平昌文副学長をはじめ,附属図書館長や5人の研究科長も,特別審査員として企画に参加しました。
 最終日を飾る後夜祭ステージでは,複数のサークルによるコラボレーションが行われ,大迫力の音楽とダンスに共鳴するかのように,学生手作りのお神輿が会場を練り歩くと,会場は大きな歓声で包まれました。
 後夜祭のフィナーレは,本学附属病院に入院中の子供たちが描いた絵をイメージした花火が夜空を飾り,3日間の雙峰祭を締めくくりました。
 ご来場頂きました全ての方々と,近隣の皆様をはじめ,ご支援頂きました皆様に感謝するとともに,来年度以降も引き続きご支援頂きますようお願いいたします。

松美池前の模擬店も多くの人で賑わった
松美池前の模擬店も多くの人で賑わった
拡大画像
院生プレゼンバトルで優勝した埴生孝慈さん(図書館情報メディア研究科1年)を讃える山田学長
院生プレゼンバトルで優勝した埴生孝慈さん(図書館情報メディア研究科1年)を讃える山田学長
拡大画像
後夜祭の勇壮なステージ
後夜祭の勇壮なステージ
拡大画像

このページのトップへ