印刷

お知らせ・情報

東北大学,仙台市と藻類バイオマスに係る共同研究協定を締結

2011/11/10

 11月10日,筑波大学は,東北大学,仙台市と連携し,生活排水を吸収して石油成分を効率的に生産するシステムの研究を共同で実施するため,三者協定を締結しました。
 締結式では,山田信博筑波大学長,井上明久東北大学総長,奥山恵美子仙台市長らが出席し,それぞれから挨拶があり,その後,締結書にサインをしました。
 今後は,藻類「オーランチオキトリウム」を使用し,本学が培養技術の開発を担当,東北大学は燃料を効率的に抽出する研究を行い,仙台市がフィールドを提供することとし,三者間共同で実証実験を進めていく予定です。

記者からの質問に答える渡邉信教授(右)
記者からの質問に答える渡邉信教授(右)
拡大画像
笑顔で握手する3者
笑顔で握手する3者
拡大画像
締結書にサインする山田筑波大学長(左)、奥山仙台市長(中)、井上東北大学総長(右)
締結書にサインする山田筑波大学長(左)、奥山仙台市長(中)、井上東北大学総長(右)
拡大画像

このページのトップへ