印刷

お知らせ・情報

高萩市と震災復興に向けた連携・協力協定を締結

2011/12/06

 12月6日,筑波大学において,高萩市との間に「震災復興に向けた連携及び協力に関する協定」の締結を行いました。
 当日,高萩市から草間吉夫市長が,筑波大学から山田信博学長らが出席し,両者で「災害に強いまちづくり」及び「生涯を通じた心身の健康づくり」等について,連携・協力して取り組んで行くことを確認しました。
 草間市長からは,「大学には,知性,感性,ノウハウが集積しており,市には行政というフィールドがある。両者が連携し,震災からの復興や新たな価値の創造を図り,全国へとその輪を広げていきたい」との発言があり,山田学長からは「様々な研究分野をもつ本学は,分野横断的な取り組みが可能であり,高萩市,そして日本の再生・発展に寄与していきたい」との発言がありました。
 筑波大学は,茨城県内にある大学として,東北三県と同様に甚大な被害を受けている県内の被災地の復旧・復興に向けて,積極的にサポートしてまいります。

協定書のサインを終え,記念撮影に臨む草間市長(左)と山田学長(右)
協定書のサインを終え,記念撮影に臨む草間市長(左)と山田学長(右)
拡大画像
調印式においてスピーチする山田学長。
調印式においてスピーチする山田学長。
拡大画像
調印式終了後,関係者による記念撮影。左側が高萩市関係者,右側が本学関係者。
調印式終了後,関係者による記念撮影。左側が高萩市関係者,右側が本学関係者。
拡大画像

このページのトップへ