印刷

お知らせ・情報

戸田艇庫に漕艇部同窓会「桐漕会」より,「土方リユニオンホール」が寄贈される

2011/12/17

 12月17日に漕艇部130周年記念事業として「土方リユニオンホール」が完成し,山田信博筑波大学長,西川潔筑波大学副学長をはじめ,漕艇部のOB組織である桐漕会の土方俊彦会長,桐漕会会員及び漕艇部員等関係者77人の参列のもと,落成祝賀会が盛大に開催されました。
 同ホールは,桐漕会会員の方々の寄附金により建てられたもので,延面積117.58平方メートルの2階建てで,多目的ホールを備えており,今後は,部員及び漕艇部OBの桐漕会会員の会合や歓談の場として利活用されることとなります。
 なお,山田学長から,同ホールの寄贈に対して,土方会長に感謝状が贈呈されるとともに,日本で一番古い歴史を持つ漕艇部(※)が今日まで引き継がれてきたことは,漕艇部員,桐漕会の方々のこれまでの努力の賜物であると,その長年にわたる支援に対し感謝の意が表されました。

(※) 日本人による初めてのボート競技は,1883年(明治16年)の,東京大学と体操伝習所(現筑波大学体育専門学群の前身)の学生による対抗レースであるとの記録があります。

山田学長,西川副学長,土方会長(中央)との記念撮影
山田学長,西川副学長,土方会長(中央)との記念撮影
拡大画像
土方リユニオンホール
土方リユニオンホール
拡大画像
落成祝賀会後の記念撮影
落成祝賀会後の記念撮影
拡大画像

このページのトップへ