印刷

お知らせ・情報

2011年度中部山岳地域環境変動研究機構年次研究報告会に参加

2011/12/16‚17 菅平高原実験センター

 12月16日~17日に,筑波大学・信州大学・岐阜大学の3大学連携事業「地球環境再生プログラム-中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生をめざす大学間連携事業-」を推進している「中部山岳地域環境変動研究機構」(機構長:鈴木啓助信州大学山岳科学総合研究所所長)の2011年度年次研究報告会が,信州大学理学部(松本市)で開催されました。
 参加者120人以上,109題の多岐にわたる極めて質の高い研究発表が行われ,3大学の教員,研究者,大学院生の本研究プロジェクトへの熱意が強く感じられるものでした。
 また,今回から研究発表賞が設立され,早川恵里奈氏(筑波大学生命環境科学研究科(博士前期課程)生物科学専攻1年)他による「低圧環境下での形態変化による光合成特性の解明」および鈴木智也氏(信州大学総合工学系研究科山岳地域環境科学専攻1年)他による「山岳棲昆虫スカシシリアゲモドキの形態的多型獲得における複雑な生活史(昆虫綱:シリアゲムシ目,シリアゲモドキ科)」が受賞しました。
 両研究とも筑波大学生命環境科学研究科,菅平高原実験センターの大学院生,教員,研究者が関わってなされた研究です。3大学連携による本研究プロジェクトは,地球環境問題という私たちの将来に極めて重要な喫緊の課題に取り組むものです。
 今回の報告会において,この重要課題解決に対しての私たちの取組が,大きな成果をもって着実に発展していることが確認されました。今後も筑波大学,信州大学,岐阜大学の3大学は,本研究機構を力強く推進していきます。

鈴木啓助機構長の挨拶
鈴木啓助機構長の挨拶
拡大画像
ポスター発表会
ポスター発表会
拡大画像
講演会
講演会
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ