印刷

お知らせ・情報

山田信博学長の年頭所感

2012/01/04

 皆さん,あけましておめでとうございます。
 2012年の年頭に当たり,一言所感を申し述べたいと思います。
 昨年は東日本大震災により,我が国は地震,津波,原発事故により甚大な被害をこうむりました。被災地における復興は未だ途上にあります。改めて被災地の皆様にお見舞いを申し上げますとともに,迅速な復興に向けて,連帯を表明したいと思います。本学では多くの教職員,学生が復興支援の活動を積極的に展開しています。心からの敬意を表しますとともに,今後もこれらを支えていきたいと考えます。また,震災後の本学の復旧,復興には全学をあげてご協力いただきましたことに,心から感謝を申し上げます。幸いにも,本学の大学機能は一部の大型設備を除き,順調に回復している所であり,一歩,一歩着実に新たな歩みを進め始めています。

 さて,いくつかの課題とそれに対するための基本的な姿勢について述べたいと思います。
 大震災に象徴されるように,世界は激変という奔流の真っ只中にあるように思われます。しかも,いつその奔流から抜け出し,安定した時代に移行するか,全く見当がつかない状況にあり,むしろ混乱の始まり,序章のようにさえ感じられます。時代の変化のスピードは益々速くなっているように思えます。私たちは,人生の間に従来では考えられないような多様な経験をすることになります。これからの変化の激しい社会を支える人材を,私たちはしっかりと育てなければなりません。

 次に,高度経済成長時代と異なり,使える資源は制約を受けざるを得ません。護送船団時代の意識をリセットして,私たちの意識のモードをさらに自立へと切り替える必要があります。私たちはどんな状況でも,各々が何をどのように貢献できるかを強く意識すべきです。皆さんの一人ひとりの人間力こそ,これからももっとも大事であることはいうまでもありません。

 3番目に,世界は益々狭くなり,グローバリゼーションも進みます。さて,私たちの周りの色々な仕組みはグローバリゼーションに対応できるようになっているでしょうか。勿論,独自性や固有の文化は大変に大事です。しかし,古いシステムをそのまま安易に使い続けていることはないでしょうか。次の世代に適した,グローバルに通用するシステムへとバージョンアップ,あるいはチェンジする努力を続けているでしょうか。使い慣れた古いバージョンの方が居心地が良く思え,変える必要性を見出せないかもしれません。しかし,次世代や未来を見据えた時,imagine the futureの視点から,私たちは従来よりもなお一層努力して,未来へのバージョンアップを模索すべきように思います。大学のシステムも同様です。私たちの大学のシステムのグローバルな位置づけを見定めておく必要があります。私たちが現在行っている組織改革の意義を是非ご理解いただき,未来,グローバルにつながる自律的運営の確立を進めてください。教育研究の充実が目標であり,そのためにゆとりを生みだすことがとても大事です。簡単な目標ではありませんが,最善の努力をお願いします。本年度も,大学への予算については非常に厳しい注文がついています。特に運営費交付金の減額分が国立大学改革強化事業として新たに予算立てされた意味を私たちはしっかりと認識して,準備する必要があります。

 4番目に,寿命は延び,高齢化社会が始まっています。富の格差も広がっています。大学の大事な使命は,未来が高齢者にも若者にも健全で幸福な社会となるように貢献することです。しかし,変化の大きさや時代のスピード,資源の制約,システムの不備は,当然のように大きな阻害要因となり,格差を助長する恐れがあります。そして,これらの阻害要因の克服は,大学が果たすべき使命と考えます。
 1例ですが,米国では富の格差が拡がり,その格差や金融界に対する抗議がウォールストリートにおけるデモや占拠の形で現れ,全米へ拡がりをみせています。その背景には若者の就職率の低下が一向に改善されないことに対する,若者の強い怒りがあるといわれています。大学を卒業しても就職口がない事は,若者が人生設計において大学に入り,勉学しても,その身につけた能力を実際に社会で役立てることができないという悲しい現実を生んでいます。さらに一歩進めば,若者が大学の価値を見出せないという状況を,次第に作り出しつつあるように危惧せざるをえません。このような欧米社会の抱えている格差社会への不満は,わが国においても,じわじわと忍び寄りつつあると言わざるを得ません。我が国の経済状況でも,教育への家計負担は相対的に大きくなり,就職状況も年々厳しさを増しています。このように,知識基盤社会は危機的状況にありますが,私はまだ間に合うと期待しています。大学は,自らその成果を社会に還元するいっそうの努力をすすめ,また知的基盤を支え,革新する学術の府としての価値を十分に社会に示していくことが重要ではないでしょうか。つまり大学あるいは学問と社会との関係が問い直されているとも考えられ,これに真摯に答えることが必要です。

 私たちは来るべき成熟社会に向けて,柔軟に,かつ周到に準備して,進まなければならないでしょう。情報公開や説明責任など,透明性の確保やフラット化なども成熟社会に向けて同時進行しています。昨年の所感では,大学の自治とガバナンスの両立ということを申し上げました。本年はさらに大学の教学と経営の両立ということも考えてみたいと思っております。皆さんのご支援をお願いしますとともに,是非,協力して教育研究にゆとりを生み出し,大学機能を強化し,人間社会にとって魅力ある大学文化を成長させたいと考えています。そして,本年から始まる多くの事業が,新たな大学発のイノベーションとなることを期待しています。最後になりますが,本年が皆様にとって幸多いこと,そして本学の益々の発展を祈念して,年頭の挨拶とします。

年頭所感を述べる山田学長
年頭所感を述べる山田学長
拡大画像

このページのトップへ