印刷

お知らせ・情報

国際プロジェクト「1K 昆虫トランスクリプトーム進化プロジェクト」始動

2012/01/17菅平高原実験センター

 1月17日,昆虫類の主要なグループはどのような筋道で進化してきたか(高次系統)を明らかにすることを目指す国際プロジェクト,1KITE 「1K 昆虫トランスクリプトーム進化プロジェクト1KITE – 1K Insect Transcriptome Evolution」(https://1kite.wikispaces.com/)がスタートしました。(※) このプロジェクトは世界15研究機関(ドイツ5機関,アメリカ3機関,オーストリア2機関,日本2機関,オーストラリア1機関,中国1機関,メキシコ1機関)が参加するもので,日本では筑波大学菅平高原実験センター(昆虫比較発生学研究室)が,ドイツ4機関,オーストリア1機関,アメリカ1機関,中国1機関とともに,プロジェクトのコーディネートを行う8コア研究拠点の一つになっています。
 このプロジェクトは,祖先的な無翅昆虫類から完全変態類までの主要系統群を網羅すると同時に,環境・経済・医学の面でも重要な種群1000(1K)種を厳選してトランスクリプトーム解析を行おうという壮大なプロジェクトです。
筑波大学菅平高原実験センターでは,トランスクリプトームの解析から得られた系統樹を比較発生学の立場から検証するとともに,BasalHexapods(トビムシなどの原始昆虫類),TransOdonata(原始的なトンボを含む汎トンボ類),Polyneoptera(ハサミムシなどを含む多新翅類)の類縁関係を探るサブプロジェクトも遂行することになります。
 本プロジェクトにより,昆虫類の高次系統が明らかになることが大いに期待されます。本プロジェクト始動のニュースは,ヨーロッパにおいて本日プレスリリースされました。

※トランスクリプトームとは,DNAに書き込まれている遺伝情報のうち,実際に発現して形づくりに使われている全遺伝子を指します。

プロジェクト参画機関図
プロジェクト参画機関図
拡大画像
コアメンバーの記念撮影。右より4人目:菅平高原実験センター町田龍一郎教授
コアメンバーの記念撮影。右より4人目:菅平高原実験センター町田龍一郎教授
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ