印刷

お知らせ・情報

平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議において東日本大震災時の医療支援活動等を発表

2012/01/19,20附属病院

 1月19日~20日,愛媛県松山市内のひめぎんホールで,「平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議」が開催されました。
 今回の会議では,「医療情報にかかわる本音のcontroversy -電子カルテ,DPC,クリニカルパスの光と影-」をメインテーマとして,基調講演,各専門分野のセッション,ポスター展示,情報交換会,企業展示等が行われました。
 1月19日の病院マネジメントセッションにおいては,発表5大学中の1大学として,「被災と医療災害支援のはざまの中で~筑波大学附属病院の大震災の歩み~」の表題で東日本大震災からの医療支援活動等を発表するとともに,パネルディスカッションに参加し,次の災害時対策及び防災マニュアルの改善方法等を検討するため,意見交換を行いました。
 また,ポスターセッションは,筑波大学附属病院から,会議参加者へ本院の活動について説明を行いました。提出した部門および課題は以下のとおりです。

・薬剤部門
「iPadを活用した小児病棟における他職種への与薬業務支援・薬剤情報提供システム-薬剤希釈計算アプリケーションの開発-」
・診療情報管理部門
「退院要約提出率向上への取組み」
・病院マネジメントセッション
「被災と医療災害支援のはざまの中で~筑波大学附属病院の大震災の歩み~」

iPadを活用した小児病棟における他職種への与薬業務支援・薬剤情報提供システムについて説明を行う周産期キャリアサポート室・翠川室員 (医学群医学類所属)
iPadを活用した小児病棟における他職種への与薬業務支援・薬剤情報提供システムについて説明を行う周産期キャリアサポート室・翠川室員 (医学群医学類所属)
拡大画像
退院要約提出率向上への取組みについて説明を行う附属病院医事課・佐藤診療情報管理士
退院要約提出率向上への取組みについて説明を行う附属病院医事課・佐藤診療情報管理士
拡大画像
病院マネジメントセッションにて,医療支援活動等の発表を行う附属病院総務課・渡邉専門職員及び経営企画室・池田専門職員(左から)
病院マネジメントセッションにて,医療支援活動等の発表を行う附属病院総務課・渡邉専門職員及び経営企画室・池田専門職員(左から)
拡大画像

このページのトップへ