印刷

お知らせ・情報

「筑波大学教員免許状更新講習シンポジウム」開催

2012/02/04

 2月4日,筑波大学は,第3エリア3A204講義室において,茨城県教育委員会の後援により「筑波大学教員免許状更新講習シンポジウム」を開催しました。
 このシンポジウムは,「更新講習の現在,そして未来~筑波大学の取組みを振り返って~」をテーマに筑波大学の3年間の取組みを振り返り,今後の教員免許状更新講習の充実に資することを目的に実施されたものです。来年度の受講対象者となる県内外の教員を中心に,鹿児島県や沖縄県の教育関係者の出席もあり,合計154人の参加がありました。
 シンポジウムでは,本学東照雄副学長からの開会挨拶に続き,中央教育審議会の教員の資質能力向上特別部会臨時委員を務められている,独立行政法人教員研修センターの高岡信也理事から「これから求められる研修のかたち」と題した基調講演が行われました。
 引き続き行われたパネルディスカッションでは,基調講演を行っていただいた高岡理事,平成23年度に本学の教員免許状更新講習を受講された3人の教員及び本学関係者をパネリストとして,受講生の視点からの本学講習の評価及びこれからの教員に求められる「教員の資質・能力」を視野に入れた教員研修のあり方について,活発なディスカッションが行われました。

基調講演
基調講演
拡大画像
パネルディスカッション
パネルディスカッション
拡大画像

このページのトップへ