印刷

お知らせ・情報

第2回日本・北アフリカ学長会議開催

2012/02/10‚11

 2月10日から11日にかけて,筑波大学主催,東北大学,名古屋大学,九州大学の共催,アルジェリア,エジプト,リビア,モーリタニア,モロッコ,チュニジアの6カ国大使館の後援により,第2回日本・北アフリカ学長会議が,つくば国際会議場で開催されました。
 本学長会議は,「新しい社会づくりにおける大学の役割」をテーマとして,日本の23大学(5大学長),そして上記北アフリカ6カ国の17大学(10大学長)が参加して行われました。
 同会議では,山田信博筑波大学長の開会挨拶に続き,文部科学省の奈良人司大臣官房審議官(高等教育担当),及び東北大学の木島明博総長補佐による基調講演,そして4つのパネルディスカッションが行われ,以下の異なる視点から主テーマについて議論されました。
1.新しい社会づくりを担う人材像とその育成
2.「東日本大震災」「アラブの春」以降の大学
3.社会の諸課題の解決に向けた大学の知の蓄積の活用
4.新しい社会づくりに向けての大学の役割:日本と北アフリカとの連携
 各セッションでは,日本,北アフリカ側から各1名のモデレータの進行によりパネリストとなった大学がプレゼンテーションを行い,その後テーマに沿った活発な意見交換が行われました。
 パネルディカッション終了後には,有川節夫九州大学総長による会議総括,さらに今後も北アフリカと日本の大学間のパートナーシップを強化し,参加大学が努力すべき目標として6つの目標を掲げた共同宣言が発表され,最後は渡辺芳人名古屋大学副総長による閉会挨拶によって,会議は盛会のうちに終了しました。
 筑波大学では,本会議で得られた成果を基に,今後もチュニジアに設置した海外大学共同利用事務所(BUTUJ)を中心として日本と北アフリカとの交流・協力をさらに活性化させていく予定です。
 また,北アフリカ6カ国の17大学(10大学長)一行は,会議の前後につくば市内の研究機関(産総研),学内施設(SPEC,サイバニクス研究棟でのHALの見学)を訪れ,最先端の設備や技術に大変な関心と興味を示されるとともに,質疑応答なども活発に行われました。

山田学長の開会挨拶
山田学長の開会挨拶
拡大画像
文部科学省・奈良大臣官房審議官による基調講演
文部科学省・奈良大臣官房審議官による基調講演
拡大画像
会議参加者の記念撮影
会議参加者の記念撮影
拡大画像

このページのトップへ