印刷

お知らせ・情報

「東アジア・欧州協働教育推進プログラム」オープニングフォーラムを開催

2012/02/14

 筑波大学では,今年度から,国際的に通用する人文社会系グローバル人材の養成を目的として,「東アジア・欧州協働教育推進プログラム」を開始しますが,これに先立ち,2月14日,人文社会学系棟A110講義室において,オープニングフォーラムを開催しました。
 同プログラムは,文部科学省の実施する「大学の世界展開力強化事業」に全国の国公私立大学から183件の申請があったものの中から25件採択されたものの一つで,筑波大学の人文社会系の教育組織が,ドイツ,スロベニア,フランス,イタリア,ロシア,韓国の6か国,7つの大学と連携協力しながら,国際的通用性の高い人文社会系の人材養成を図ろうというものです。
 オープニングフォーラムでは,連携するベルリン自由大学(独),ボン大学(同),リュブリャナ大学(スロベニア),フランシュコンテ大学(仏),カ・フォスカリ大学(伊),モスクワ市立教育大学(露)及び高麗大学校(韓国)の学部長らにより,共同教育プログラムやグローバル教育改革についてのプレゼンテーションなどが行われ,ヨーロッパと東アジアの大学間連携強化の幸先よいスタートとなりました。

このページのトップへ