印刷

お知らせ・情報

筑波大学と茨城県立医療大学の連携協定締結

2012/02/23

 2月23日,筑波大学において,「国立大学法人筑波大学と茨城県立医療大学の連携及び協力に関する協定」を締結しました。
 調印式には,茨城県立医療大学から工藤典雄学長,和田野安良付属病院長,筑波大学から山田信博学長,清水一彦副学長,五十嵐徹也附属病院長が出席し,両大学が連携して「学部学生教育の充実」,「大学院学生教育・研究交流の推進」,「附属病院の連携」に関する具体的な取組を推進していくことを確認しました。
 本協定締結後,工藤学長から「両大学の特徴を組み込んだ意欲的なプログラムを推進し,幅の広い高度先進医療の発展と,地域社会における健康と生活の質の向上に寄与していきたい」との発言があり,また,山田学長から「開かれた大学という理念をより実質化し,大学間の連携を緊密にして教育・研究・医療の一層の機能強化を図り,社会・地域に貢献していきたい」との発言がありました。
 今後,両大学の連携の下,有為な人材の育成,研究の発展,地域医療の充実を目指してそれぞれの特色を活かした連携活動を推進していきます。

協定書にサインをする山田学長(右),工藤学長(左)
協定書にサインをする山田学長(右),工藤学長(左)
拡大画像
協定書にサイン後,握手を交わす両学長(左から和田野付属病院長,工藤学長,山田学長,清水副学長,五十嵐附属病院長)
協定書にサイン後,握手を交わす両学長(左から和田野付属病院長,工藤学長,山田学長,清水副学長,五十嵐附属病院長)
拡大画像
記者からの質問に答える山田学長
記者からの質問に答える山田学長
拡大画像

このページのトップへ