印刷

お知らせ・情報

「国際科学オリンピックの課題等の活用による学習指導を目的とした教員研修」を開催

2012/02/25菅平高原実験センター

 科学技術振興機構(JST)は,国際科学オリンピックでの出題問題を課題に研修を行い高校教員の質の向上を目指す「世界標準を見据えた理科教育のために科学的思考力・展開力育成実現のための教員研修プログラム」を開始しました。これを受けて,埼玉県教育委員会が企画した「国際科学オリンピック(化学,生物,情報)課題等の活用による学習指導を目的とした研修会」が,2月25日に県立総合教育センター(埼玉県行田市)で開催されました。生物学に関しては,IBO2009を開催した筑波大学生物学類が協力,筑波大学菅平高原実験センターの教員とTAが研修を担当しました。午前中は動物系統分類学の講義で,動物の分類体系を通覧できる機会に参加した11人の高校教員は熱心に聴講していました。午後はテーマを昆虫学に絞り,IBO2009で出題された「カイコの解剖」をテーマに実験講習となりました。信州大学繊維学部金勝廉介教授研究室に提供いただいたカイコを材料に,参加した教員たちは,はじめてのカイコの解剖に挑戦し,IBO問題を解きながら,昆虫の体制について理解を深めていきました。「はじめは恐るおそるでしたが,どんどん興味がわいて,時間が過ぎるのも忘れていました」との教員からの言葉は,このような研修が有意義であり,今後の高校教員の質の向上に非常に有効であることを物語るものでした。今後も生物学類,菅平高原実験センターは,高校教員の研修など,小・中・高等学校教育の発展にも力を注いでいきます。

動物系統分類学の講義
動物系統分類学の講義
拡大画像
カイコの体の構造について,TAに質問する参加した高校教員たち
カイコの体の構造について,TAに質問する参加した高校教員たち
拡大画像
研修会の主役「カイコ」
研修会の主役「カイコ」
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ