印刷

お知らせ・情報

平成23年度後期防災訓練及び防火訓練を実施

2012/03/01附属病院

 3月1日,つくば市消防本部の協力を得て,平成23年度後期防災訓練及び防火訓練を実施しました。
 防災訓練は,平日昼間に震度6弱の地震が発生したとの想定で,防災センターからの地震発生の全館放送により開始となりました。各病棟において患者の安全確保と周辺状況の確認がなされた後,自衛消防隊により,各階の被害状況の確認・報告,被災者の避難誘導が行われました。続いて,本院第一会議室に災害対策本部が設置された後,救急外来前駐車場に救護所を設置し,被災者のトリアージ訓練を実施しました。
 引き続き,テニスコートにて行われた防火訓練では,職員24人が代表して水消火器を用いた模擬消火訓練を行いました。
 昨年の東日本大震災ではつくば市も震度6弱を観測しており,今後も起こりうる災害に対しての訓練に,参加者は集中して取り組み,防災に対する意識を高めました。

被害状況を病院長に報告する自衛消防隊長
被害状況を病院長に報告する自衛消防隊長
拡大画像
ドームテント内でのトリアージ訓練
ドームテント内でのトリアージ訓練
拡大画像
水消火器を使用した実地訓練
水消火器を使用した実地訓練
拡大画像

このページのトップへ