印刷

お知らせ・情報

JST委託事業「SSリーグ」のジェネラル&アドバンストフィールド実習を開催

2012/08/13-16 菅平高原実験センター

科学技術振興機構(JST)「次世代科学者育成プログラム」の委託事業として採択された「SSリーグ (Super Science League) めざそう未来の科学者生物学者!」(生命環境学群・理工学群主催)のジェネラル&アドバンストフィールド実習が,2012年8月13~16日に菅平高原実験センターで開催され,関東甲信越地方を中心に16名の小中学生,高校生が参加しました。
高原の豊かな自然に触れながら動植物を観察し,生物や自然のあり方を体得することを目的とした実習です。ジェネラルフィールド実習のテーマは,フィールドで昆虫を中心とした動物を実際に観察し,広い視野で生物,自然を理解しよう,そして,アドバンストフィールド実習のテーマは,キノコやカビなどの菌類に注目,培養などの室内作業も含めて,生物や自然をより深く理解しようとするものです。リーグ生たちは初めて見る生物や自然の姿に目を輝かせ,実習に取り組んでいました。また,毎日,バードウォッチングで爽やかな高原の朝を満喫,夜の時間は各自の研究発表会が開催され,お互いの研究を議論しあいました。このような経験は,「未来の科学者」を目指す彼らにとって,大きな糧となるものです。今後も,生命環境学群,理工学群,そして菅平高原実験センターは,科学を目指す児童・生徒を支援する活動を推進していきます。

ジェネラルフィールド実習での記念撮影
ジェネラルフィールド実習での記念撮影
拡大画像
採集してきた動植物を顕微鏡で観察
採集してきた動植物を顕微鏡で観察
拡大画像

このページのトップへ