印刷

お知らせ・情報

護身術講習会を開催

2012/10/17-19 附属病院

 2012(平成24)年10月17日,18日,19日の3日間,附属病院職員を対象として護身術講習会を開催しました。この講習会では,「自分の身は自分で守る」をテーマとして,護身術の意義,及び不審者対処方法等について講和と実技を実施しました。
 当日は,小室光司防犯相談役から「普段の心構え」「攻撃された場合の対応策」「不審者対応時と刺股使用上の注意点」についての講話がありました。続いてつくば中央警察署の警察官(男女各1名)から護身術と刺股使用の実技指導を受けました。女性警察官が体格差のある加害者役の男性警察官に対処する姿や,経験からの率直なアドバイスは好評で,盛んな拍手が送られました。
 参加者からは,「防犯や護身術の知識が深まり,機会を作って術をしっかり身につけたいと思った。教えられた内容を,万が一の時に役立てたい。防犯に対する認識を考え直す良い機会となった。」という感想がありました。
 講習会参加者は3日間で100人を超え,充実した講習会となりました。

小室防犯相談役による講話
小室防犯相談役による講話
拡大画像
警察官による護身術の実演
警察官による護身術の実演
拡大画像
参加者による護身術実技の様子
参加者による護身術実技の様子
拡大画像

このページのトップへ