印刷

お知らせ・情報

スウェーデン外交官ラウル・ワレンバーグ氏生誕100年記念植樹式典を実施

2012/11/21

 11月21日,本学天久保池南側において,スウェーデン外交官ラウル・ワレンバーグ氏の生誕100周年を記念し,在日ハンガリー共和国,イスラエル国,スウェーデン王国大使館より寄贈された白樺の木の植樹式典を執り行いました。
 ラウル・ワレンバーグ氏はハンガリーのスウェーデン公使館の二等書記官として,第二次世界大戦末期,迫害にあっていた数多くのユダヤ人の命を救いました。その功績をたたえ,アメリカ合衆国,カナダ,イスラエルにおいて名誉市民となっています。今回の白樺の木の寄贈は,その功績を本学学生・教職員に幅広く知ってもらうために3大使館より提案があったものです。
 記念植樹式典ではDr. ゲレイェシュ・イシュトヴァーン在日ハンガリー共和国大使館公使,ペレグ・レヴィ在日イスラエル大使館公使,ウルフ・ソールマーク在日スウェーデン王国大使館公使によるご挨拶が行われた後,清水一彦副学長から白樺の木の寄贈と本学学生がワレンバーグ氏の功績を知るきっかけを提供いただけたことに対する謝意が述べられました。
 その後,3公使と清水副学長,辻中豊副学長,学生代表(イスラエルからの留学生)による植樹,本学芸術系サークル「ときめき太鼓塾」による和太鼓の演奏が行われ,式典は盛会のうちに終了しました。
 今回の記念植樹は,本学の学生・教職員が,個人の行動が数多くの人々,ひいては世界の未来を変えられるということ,「IMAGINE THE FUTURE.」について考えるうえで大変貴重な機会となりました。

式典に参加された3カ国大使館公使
式典に参加された3カ国大使館公使
拡大画像
白樺の木の前で謝意を述べる清水副学長
白樺の木の前で謝意を述べる清水副学長
拡大画像
白樺の木の前での本学副学長,大使館関係者,ときめき太鼓塾学生,国際関係学生,イスラエル・ハンガリー留学生の集合写真
白樺の木の前での本学副学長,大使館関係者,ときめき太鼓塾学生,国際関係学生,イスラエル・ハンガリー留学生の集合写真
拡大画像

このページのトップへ