印刷

お知らせ・情報

平成24年度情報セキュリティセミナーを開催

2012/12/03

 12月3日,筑波大学大学会館において,情報セキュリティに対する知識を深めてもらうことを目的として,本学学生及び教職員を対象にセミナーを開催しました。
 情報通信技術(ICT)が教育研究活動や日常生活に深く浸透するなか,その一方で,知識不足により思いがけないトラブルに巻き込まれる事態が発生している現状があります。
 そこで,日本における情報セキュリティ対策の中心的役を果たす内閣官房情報セキュリティセンターから,佐藤朝哉主査を講師にお招きし,「情報セキュリティとは何か?~インターネットを安全・安心・便利に利用するために~」と題した講演会を実施しました。
 佐藤氏は,警察庁での情報技術解析部門やサイバー犯罪対策部門で培った経験を活かし,現在は,内閣官房において各府省庁を横断する対策に取り組むなど,情報セキュリティの最前線で活躍しておられます。
 講演では,身近な存在であるインターネットを取り上げ,そこに潜む危険(サイバー攻撃,個人情報の漏えい,コンピュータウィルス,ワンクリック詐欺など)について,具体的な事例を挙げての説明が行われました。そして,そうした危険から身を守るためには最低限何をなすべきか,急激に普及しているスマートフォンのセキュリティ対策とともに,詳しい説明が行われました。
 出席した学生や教職員(計84名)からは,「情報セキュリティに対する重要性を再認識した」,「SNSの安易な利用は気を付けたい」,などの声があり,また,講演後に上映した情報セキュリティ対策DVDを視聴した出席者からは,身につまされる内容だったと好評を得,盛会のうちに終了しました。

講演する内閣官房情報セキュリティセンター佐藤主査
講演する内閣官房情報セキュリティセンター佐藤主査
拡大画像
講演に熱心に耳を傾ける参加者
講演に熱心に耳を傾ける参加者
拡大画像

このページのトップへ