印刷

お知らせ・情報

第6回つくば3Eフォーラム会議を開催

2012/12/03-4

12月3-4日,つくば国際会議場に於いて,第6回つくば3Eフォーラム会議(主催:つくば3Eフォーラム委員会,筑波大学,共催:つくば市,内閣府)を開催しました。本会議は,「環境都市を実現するための地域における課題」をテーマとし,地域全体でエコシティ構築に取り組んでいる先進事例,および,課題解決の鍵と未来への展望を共有していくために開催したもので,市民,行政関係者,研究者,学生等,2日間で延べ200名を超える参加者がありました。

1日目は,つくば3Eフォーラムを支える4つのタスクフォースの活動について,各タスクフォース座長から活動報告がありました。
2日目は,(独)国立環境研究所環境都市システム研究室長藤田壮氏による基調講演がありました。次いで,環境都市を目指す4都市(つくば市,富山市,北九州市,飯田市)の各自治体担当者による講演と,エネルギーシステム・評価タスクフォース内山洋司座長(筑波大学システム情報系教授),3Ecafeプロジェクトチーム,筑波大学環境ディプロマティックリーダー育成拠点による取り組み紹介がありました。パネルディスカッションでは,3Ecafeプロジェクトチームの学生や当日発表した各自治体担当者等8人による,活発な議論が行われました。

今回の会議では,国内で環境都市としての活動を推進している地域との交流と,地域の特色を活かした環境都市活動について議論を深めることができました。また,それぞれの地域のコミュニティ活動を推進しながら,一方で,政策・対策の評価を行っていく重要性も確認されました。つくば3Eフォーラムは今後も研究開発の立場から,環境,エネルギー問題への改善,解決策を提示,提案し,低炭素社会実現に貢献して参ります。

1日目:タスクフォース活動報告の様子
1日目:タスクフォース活動報告の様子
拡大画像
2日目:ポスター発表・展示の様子
2日目:ポスター発表・展示の様子
拡大画像
2日目:パネルディスカッションの様子
2日目:パネルディスカッションの様子
拡大画像

このページのトップへ