印刷

お知らせ・情報

障害学生修学支援ブロック別地域連携シンポジウムを開催

2012/12/14

 12月14日に,障害学生修学支援ネットワークの拠点校である本学,日本学生支援機構並,筑波技術大学の共同主催で,「障害学生修学支援ブロック別地域連携シンポジウム」を,本学において開催しました。全国の障害学生支援関係者を対象として,高等教育機関における障害学生支援の合理的配慮のあり方について,議論が交わされました。
 全体会では,主催者挨拶と日本学生支援機構による全国の実態調査報告の後,「発達障害学生の理解と支援」,並びにシンポジウムのテーマである「合理的配慮」について講演が行われ,午後の分科会では,視覚,聴覚,運動,発達の4つの障害別分科会で,「合理的配慮」をキーワードに,障害学生支援の現状及び課題について活発な意見交換が行われました。
 また,休憩時間には,各障害別支援・準備室や2B412教室のバリアフリー講義システムなど,本学の障害学生支援関連施設・設備の見学,本学及び筑波技術大学によるパネル展示が行われ,多様な質問と応対に賑わう様子が見られました。
 障害者基本法の改正や障害者権利条約を批准する動きに伴い,高等教育機関における障害学生支援が注目されている昨今,本シンポジウムを通して,今後の障害学生への支援の在り方について理解と議論が深まる貴重な機会となりました。

全体会における講演の様子
全体会における講演の様子
拡大画像
聴覚障害分科会でのろう者講師による話題提供
聴覚障害分科会でのろう者講師による話題提供
拡大画像
本学障害学生支援室によるパネル展示
本学障害学生支援室によるパネル展示
拡大画像

このページのトップへ