印刷

お知らせ・情報

ドイツ・ケルンで,なでしこジャパン安藤梢選手が講演

2012/12/11

 12月11日に,ドイツ・ケルンの国際交流基金ケルン日本文化会館おいて,2011年女子ワールドカップドイツ大会優勝や2012年ロンドンオリンピック準優勝に貢献した,本学人間総合科学研究科に在籍する安藤梢選手の講演会「日本とドイツの懸け橋としてのサッカー」が開催されました。
 講演は,主に3つの内容に分かれ,ドイツ女子ブンデスリーガ・FCRディスブルグに所属してから2011年のワールドカップまでの体験談,ワールドカップにおける日本女子サッカーチームの戦術,そしてワールドカップ後のサッカーを通じた日独交流等について講演しました。
 当日会場には,多くのドイツの若者を含む150人以上もの聴衆が詰めかけ,ドイツにおける安藤選手の人気の高さが伺われ,最後に,安藤選手が今後もサッカーを通じて日本とドイツの友好交流に貢献していきたいと話すと,会場からは大きな拍手が起こりました。

このページのトップへ