印刷

お知らせ・情報

新棟(けやき棟)で平成24年度後期防災訓練(総合訓練)を実施

2012/12/19附属病院

 12月19日,附属病院新棟「けやき棟」において,平成24年度後期防災訓練を実施しました。これは,けやき棟が12月26日に開所するにあたり,つくば市消防本部(つくば市中央消防署),筑波学園ガス(株),筑波メディカルセンター病院,茨城県防災航空隊,(株)NTTドコモ(通信機材提供予定)の協力のもと行われたものです。
 訓練は,平日・昼間の時間帯に震度6強の地震が発生,その後,けやき棟にて火災が発生したという想定で行われ,自衛消防隊召集,災害対策本部設置,患者等避難誘導,火災発生通報,はしご車による救出,消火,トリアージ,衛星電話連絡,防災ヘリによる患者受入れ訓練など,災害発生時さながらの本格的な訓練を実施しました。
 参加者は,実際に災害が起こった時に的確に対応できるよう,職種毎に役割分担を明確にし,訓練に取り組みました。

模擬患者を対象としたトリアージ訓練の様子
模擬患者を対象としたトリアージ訓練の様子
拡大画像
逃げ遅れた職員を想定した,はしご車による救出訓練
逃げ遅れた職員を想定した,はしご車による救出訓練
拡大画像
防災ヘリによる患者受入訓練
防災ヘリによる患者受入訓練
拡大画像

このページのトップへ