印刷

お知らせ・情報

平成24年度教員免許状更新講習の全ての講習が終了

2012/12/15

 6月2日の筑波キャンパスでの必修講習に始まり,12月15日の附属坂戸高等学校実践演習まで,延べ29日間に及ぶ平成24年度筑波大学教員免許状更新講習は,全ての講習が終了しました。
 本学の講習は,「筑波カリキュラム」として,「必修A(教育の最新事情)」「選択B(現代教育の課題と展望)」「選択C(教養の新たな世界を体験する)」「選択D(附属学校実践演習)」の4つの講習区分から選択することで,教員に必要な理論と実践の力を総合的に養うことができるものとして,年々受講生が増えております。 今年度は,北海道から沖縄県までの39都道府県から,延べ6‚565名の現職教員等が講習を受講し,修了認定を受けております。
 今年度の講習は,昨年度実施した自己点検・自己評価の結果を踏まえ,受付方法や実施体制の見直し等を行い,受講生の受講環境の向上を図るとともに,講習担当講師が講習に集中できる環境の整備にも配慮するなどの改善を図り実施しました。また,年々増加している障害等のある受講者に対しても,一般の受講生と共に受講できるよう,資料のテキスト化等それぞれのニーズに応じた細かな配慮を提供しました。
 なお,例年良い評価をいただいている受講生からの事後アンケート(受講者評価書)の結果も,昨年度より上昇するなど,本学の講習に対する評価は,さらに高いものとなっております。
 さらに,本学の更新講習の原点を再確認するとともに,教員の資質能力の向上を含めた今後の更新講習のあり方について考えるため,来る2月9日(土)には教員免許状更新講習シンポジウムを開催することとしています。

熱心に聞き入る受講生
熱心に聞き入る受講生
拡大画像
実習を取り入れた講習
実習を取り入れた講習
拡大画像

このページのトップへ