印刷

お知らせ・情報

菅平高原実験センターで留学生対象の「Sugadaira Nature Appreciation Tour」を開催

2013/01/18-20 菅平高原実験センター

 2013(平成25)年1月18-20日,菅平高原実験センターで,医学医療系の朝田隆教授が中心になって進めているメンタル・ウェルネスプログラムの一環として,野外活動での留学生のメンタル・ウェルネス向上,互いの交流を目的とした,「菅平ネーチャー・アプリシエーション・ツァー」が開催されました。この試みは,医学医療系の他,芸術系,外国語センター,留学生センター,菅平高原実験センターの教職員,菅平高原のNPO団体「やまぼうし自然学校」のスタッフの協力によるものです。20カ国近くの国々からの留学生たちは,スノーシューをはいての雪原の散策,ソリ遊びやかまくら作りといった野外活動を大いに楽しんで交流,自分たちでついた餅を堪能しました。また,夜遅くまで歓談やゲームで親睦を深めました。
 出身国や学類などが異なることで,留学生たちはときに寂しさを感じることもありますが,本プログラムのような取り組みは彼らの交流やメンタル・ウェルネスに大いに貢献できるものです。 今後,今回のプログラムを行った教職員,スタッフは,このような取り組みをさらに進め,菅平高原実験センターはそのような取り組みを支えていきます。本年度は同様のツアーを2,3月にも計画しています。

雪上の歩き方トレーニング
雪上の歩き方トレーニング
拡大画像
雪上散策の後の一休み
雪上散策の後の一休み
拡大画像
帰途を前に記念撮影
帰途を前に記念撮影
拡大画像

このページのトップへ