印刷

お知らせ・情報

平成24年度筑波大学防災講演会を開催

2013/01/30

 平成25年1月30日,災害時に情報の入手や自力での避難等が困難な障害者をサポートするため,学生や教職員一人ひとりが障害に対する知識や災害発生時に取るべき行動について理解を深めることを目的とし,「平成24年度筑波大学防災講演会 -障害者の防災・支援を考える-」を開催いたしました。
 最初に,清水一彦副学長から,「東日本大震災時の障害者の状況を考え,本講演会を大学の構成員一人ひとりが,災害時における障害者への支援や対応を考える機会としていただきたい。」と,挨拶がありました。
 講演会は,本学の障害学生支援室の竹田一則室長から「障害学生を取り巻く最近の概況」,名川勝講師から「運動障害者の理解」,原島恒夫教授から「聴覚障害者の理解」,青柳まゆみ助教から「視覚障害者の理解」,岡崎慎治准教授から「発達障害者の理解」についてそれぞれ講演が行われ,約80名の学生・教職員が熱心に聴講していました。

挨拶をする 清水副学長
挨拶をする 清水副学長
拡大画像
障害学生支援室 名川講師の講演
障害学生支援室 名川講師の講演
拡大画像

このページのトップへ