印刷

お知らせ・情報

チーム医療教育・ワークショップ2013冬 「チームが活きる,リーダーシップで活きる!」を開催

2013/02/21附属病院

 2月21日18時から大学附属病院けやき棟けやきプラザにおいて,教職員及び関連病院の医療関係者を対象にチーム医療教育・ワークショップ2013冬,「チームが活きる,リーダーシップで活きる!」を開催しました。
 本事業「患者中心の医療を実践する人材養成の体系化」は,平成23年度に,文部科学省「チーム医療推進のための大学病院職員の人材養成システムの確立」に採択された事業で,大学病院において,専門職種の積極的な活用,他職種間協働の推進,効率的なサービスの向上を目的としてチーム医療や役割分担を推進するとともに,それに必要な各種医療スタッフの人材養成のための教育プログラムの開発・実践を支援することにより,医療・生活の質の向上,医療スタッフの負担軽減,医療安全の向上を図るものです。
 今回のワークショップでは,目標に向かって動く信頼で結ばれた医療チームにするためのヒントを提供することで,参加者がより良いチーム医療人材の養成に一歩近づくことを目指しました。当日は附属病院や大学,関連施設から集まった多職種の28名が参加し,講義とグループワークを通して,多職種のメンバーが協働・連携するためのリーダーシップについて考えました。

ケーススタディーのグループ討論
ケーススタディーのグループ討論
拡大画像
グループワーク
グループワーク
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ