印刷

お知らせ・情報

「いのちについて考える絵本の原画展とトークショー」を開催

2013/12/01 附属病院

平成25年12月1日,筑波大学附属病院けやきプラザで「いのちについて考える絵本の原画展とトークショー」を開催しました。このイベントは,筑波大学社会貢献プロジェクトの一環として開催され,昨年,同プロジェクトが財団法人いばらき腎バンクと共同で作成した絵本「ねこのせぶちゃん~おむつをはいたねこ~」の紹介,絵本作家の桜庭巧さんの原画展や講演をはじめ,大河内信弘副病院長や日高響子臨床心理士を交えてのトークショーがおこなわれました。

イベントには,小学生からシニア世代まで約40名が参加しました。参加者からは,「涙が出ました。心が強く明るくなりました。たくさんの人達にこの本を知ってほしいと思いました。」「子どもたちだけではなく,大人にも伝えたい命のメッセージがあると思いました。」「絵もメッセージも心に響くものだと感じました。」「ちょっと悲しいお話だけど,せぶちゃんがかわいいのでよかった。」との感想をたくさんいただきました。

トークショーの様子。右から大河内信弘副病院長,桜庭巧さん(絵本作家),日高響子臨床心理士。

トークショーの様子。右から大河内信弘副病院長,桜庭巧さん(絵本作家),日高響子臨床心理士。

桜庭巧さん講演の様子。地元ケーブルTV局の取材もうけました。

桜庭巧さん講演の様子。地元ケーブルTV局の取材もうけました。

このページのトップへ