印刷

お知らせ・情報

第二回つくば科学研究コンテスト兼茨城県高校生科学研究発表会を開催

2013/03/20

3月20日に筑波大学大学会館で,「第二回つくば科学研究コンテスト兼茨城県高校生科学研究発表会」が開催されました。このコンテストは筑波大学の4学類(生物学類,地球学類,物理学類,化学類)が行っている「次世代科学者育成プログラム・スーパーサイエンスリーグ(SSリーグ)」の昇格審査も兼ねています。
高校生127組,中学生7組,SSリーグ生19名の発表に加えて,筑波大学先導的研究者体験プログラム参加学生によるポスター発表もあり,科学研究を行う小学生から大学生まで500名以上が一同に会する場となりました。50名以上の本学の教員・大学院生が審査員として参加し,発表者との質疑応答を行いました。
コンテストでは,柳沢正史教授(国際統合睡眠医科学研究機構機構長)による一般公開講演「睡眠・覚醒の謎に挑む」も行われ‚ 参加者たちは熱心に聞き入り,質疑応答も非常に活発に行われました。
高校生の発表では,ベストポスター賞に,東京都立科学技術高等学校の「光触媒による重合法の確立」,茨城県立日立第一高等学校の「ミドリムシの簡単培養の探究」と「小水力発電」の3題が選ばれました。
SSリーグの部では19名が発表を行い,口頭発表の部金賞に茨城県ひたちなか市立大島中学校3年樫村理喜さんが選ばれました。

柳沢教授による講演

柳沢教授による講演

ポスター発表

ポスター発表

本学教員による審査

本学教員による審査

 

 

このページのトップへ