印刷

お知らせ・情報

筑波大学陸上競技場にスタンド完成

2013/03/23

3月23日,筑波大学陸上競技場のスタンドが完成し,披露式が開催されました。
本スタンドは,新たに陸上競技場の西側に整備されたもので,延長98m,収容数965席(車いす利用者7席を含む),表彰台,上屋4か所(延面積116平方メートル)からなっています。
陸上競技場で行われた披露式では,清水一彦副学長(学長代理)の挨拶のあと,細田市郎つくば市副市長及び小松邦江筑波大学陸上競技部OBOG会会長代理からご祝辞をいただきました。
引き続き,表彰台横でテープカットが行われた後,尾懸貢陸上競技部部長から,スタンドの概要説明があり,施設見学が行われました。
本スタンド完成により,競技場における授業の充実はもとより,画像計測や生理学的データの取得を中心とした研究活動の利便も高まります。また階段部分はスプリント・ジャンプのトレーニングに好適で,外周通路を利用したヒルトレーニング施設としても国内に類を見ないものとなっています。さらに大規模の講習会や練習会といった社会貢献のための基盤としても大きな期待がかかります。

 

陸上競技場に整備されたスタンド

陸上競技場に整備されたスタンド

細田つくば市副市長の挨拶

細田つくば市副市長の挨拶

挨拶する清水副学長

挨拶する清水副学長

テープカット

テープカット

このページのトップへ