印刷

お知らせ・情報

筑波大学特別講義「大学と学問」第3回を開催

2013/05/01  記事作成担当TA:佐藤絵里子(人間総合科学研究科 博士後期課程2年)

5月1日,第3回筑波大学特別講義「大学と学問」では,システム情報系の山海嘉之教授による講義を実施しました。同教授は,サイバニクス研究センター長兼筑波大学発ベンチャー企業であるサイバーダイン株式会社のCEOとして,大学の在り方や最新の研究成果について講義しました。

講義の序盤では,「課題解決と新産業創出の同時解決」というキーワードが示され,高齢化対策を目的とした,人とロボットが協働する社会的ビジョンが映像と共に示されました。次に,大学の成果を社会に還元する場づくりの重要性や,世界展開を行うためのイノベーション,倫理観を備えた全人的な人材育成に関して説明がありました。最後に,同教授の子ども時代の話題を挟み,ロボットスーツHALを始めとする最新の成果が紹介され,講義を終えました。

社会のために自分が何を成すべきか自ら発想できる人を育てる,という教育観を繰り返し強調された点が印象的でした。様々な分野領域を横断し,価値を創出する同教授の姿勢に多くを学んだ貴重な時間でした。

講義する山海教授

講義する山海教授

熱心に講義を聴く受講生

熱心に講義を聴く受講生

講義終了後の個別質疑

講義終了後の個別質疑

このページのトップへ