印刷

お知らせ・情報

海外からの臨床実習生受け入れ体制を強化

2013/05/01 附属病院

2012年10月より附属病院国際連携推進室が開設され,10月から3月末までの半年間で4ケ国5名の医学生の臨床実習を受け入れました。
期間は概ね4週間を平均とし,1~2の診療科での実習と医師の指導を受けるとともに,本学の医学生との交流を図りました。
今後は,5月1日に国際連携推進室の体制の充実を実施したことに伴い,学生のみならず医師の短期訪問・海外派遣などにも積極的に対応していく予定です。

 

修了証授与式を終え

修了証授与式を終え

桝正幸医学類長,我妻ゆき子国際交流委員長とレーゲンスブルグ大学(ドイツ),マドラス医科大学(インド),筑波大学の協定校である忠南大学(韓国)の留学生

桝正幸医学類長,我妻ゆき子国際交流委員長とレーゲンスブルグ大学(ドイツ),マドラス医科大学(インド),筑波大学の協定校である忠南大学(韓国)の留学生

このページのトップへ