印刷

お知らせ・情報

マレーシア工科大学副学長一行が本学学長を表敬訪問

2013/06/03

2013年6月3月,Zaini Ujang副学長を団長とするマレーシア工科大学(Universiti Teknologi Malaysia, UTM)訪問団が筑波大学に来学され,永田学長を表敬訪問されました。

本学生命環境系とUTM は,2012年11月に連携協定を締結して以降,UTMおよびUTM内に開校したマレーシア日本国際工科院(MJIIIT)からの学生受入れや教員派遣など多層的な交流を進めてきました。2013年2月に白岩善博生命環境系長がUTMを訪問し,両大学間連携スキームの話し合いを持ったことを受け,さらに具体的な連携の方向性を協議するために,この度Zaini副学長が来学される運びとなりました。今回来学されたのはZaini副学長のほか,Abu Bakar Mohd Nor理事,Megat Johari MJIIT院長,山本隆司MJIIT副院長,Zuriati Zakarita MJIIT環境グリーン技術工学専攻長,Nooh Abu Bakar MJIIT技術経営専攻長,Amin Abu MJIIT機械精密工学専攻長など10名です。

UTM訪問団は本学滞在中,永田学長,ベントン国際担当副学長を表敬し,両大学の今後の連携可能性について幅広く話し合いを行ったほか,白岩生命環境系長,指田生命環境科学研究科長,佐藤生命環境科学群長と協議を行い,連携協定にもとづく学生交流や教員派遣について,さらに積極的に進めて行くことを確認しました。また,一行は藻類研究施設や水処理研究施設を見学し,環境技術・工学分野の教育研究交流についていくつかディスカッションを行いました。

Zaini副学長およびMegat院長をはじめUTMおよびMJIITは,筑波大学とより密接な協力関係を築いていくことに対して大変積極的です。今回,UTM訪問団が本学キャンパスや研究施設を実際にご覧になり,また関連分野教員との交流を深められたことで,連携の動きがより活発になるものと期待されます。

(注)

※マレーシア工科大学は,マレーシア国内にある5重点国立大学の1つで,工学・技術分野では随一の大学です。Johor Bahruにある本キャンパスのほか,首都Kuala Lumpur中心部に国際キャンパスがあります。

※マレーシアの大学における学長は王族名誉職のため,副学長(Vice Chancellor/President)が実質的には学長にあたります。なおZaini Ujang副学長は,2013年6月3日付けでマレーシア教育省第2事務次官(Secretary General II)に任命されました。

学長表敬(左より)山本隆司MJIIT副院長,Prof. Nooh Abu Bakar, 寺門麻美子MJIITコーディネーター,Prof. Amin Abu, Prof. Zuriati Zakaria, Mr. Baharudin Mastari, MJIIT Dean Prof. Megat Johari, UTM Vice Chancellor Prof. Dato’ Seri Zaini Ujang, 永田恭介学長,白岩善博生命環境系長,Caroline Benton国際担当副学長,杉浦則夫特命教授,岩本浩二講師,渡邉和男教授

学長表敬(左より)山本隆司MJIIT副院長,Prof. Nooh Abu Bakar, 寺門麻美子MJIITコーディネーター,Prof. Amin Abu, Prof. Zuriati Zakaria, Mr. Baharudin Mastari, MJIIT Dean Prof. Megat Johari, UTM Vice Chancellor Prof. Dato’ Seri Zaini Ujang, 永田恭介学長,白岩善博生命環境系長,Caroline Benton国際担当副学長,杉浦則夫特命教授,岩本浩二講師,渡邉和男教授

生命環境系との連携協議

生命環境系との連携協議

研究施設視察

研究施設視察

このページのトップへ