印刷

お知らせ・情報

衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員会委員がサイバニクス研究センターを視察

2013/06/17

6月17日,衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員会委員(渡海紀三郎委員長他委員18名)が,本学サイバニクス研究センターを視察されました。

今回の衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員会委員の視察は,科学技術,イノベーション推進の総合的な対策に関する実情を調査する目的で,(独)国立環境研究所,(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター,および内閣府最先端研究開発プログラム(FIRST)であり,つくば国際戦略総合特区「生活支援ロボットの実用化プロジェクト」の拠点でもある本学サイバニクス研究センターに対して行われました。

 永田恭介学長,東照雄副学長,吉川晃副学長,山海嘉之教授(サイバニクス研究センター長)らが出迎え,永田学長から大学の概要(特長等)の説明,山海教授から人間の身体機能を補助・改善・拡張する最先端人支援技術の研究開発,日本再生に向けた国際戦略構想等についての説明に続き,伊東信久委員がロボットスーツHAL福祉用を実際に装着するなどのデモンストレーションが行われました。

 視察した委員の方々は,ロボットスーツがもたらす可能性の大きさを感じられておられました。また,渡海委員長からは,再度つくばへ視察に来たいとのコメントがありました。

今回の視察には,市原健一つくば市長や,政府から倉持隆雄内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)らが同行されました。

 

学長からの概要説明

学長からの概要説明

山海教授の説明

山海教授の説明

HALを装着する伊東委員

HALを装着する伊東委員

このページのトップへ