印刷

お知らせ・情報

ボルドー大学IdEx総長一行が永田学長を表教訪問

2013/06/18

6月17日と18日,フランス共和国のボルドー大学IdEx(Initiative of Excellence of Bordeaux)のTunon de Lara(チュノンド ララ マニュエル)総長を団長とするボルドー大学IdEx関係者7名が,本学を訪問いたしました。

17日は,本学の生命環境系,遺伝子実験センター,日仏ジョイントラボ,医学医療系,附属病院(けやき棟)及び陽子線医学利用研究センターを訪問され,関係教員との交流を深めました。

翌18日は,永田恭介学長を表敬訪問されました。

懇談では,Tunon de Lara総長から,ボルドー大学がフランス政府により採択されたIdExプロジェクトについて紹介があり,今後,本学を含めた海外の大学との交流を更に推進していきたいとの説明がありました。永田学長からは,ボルドー大学との協力の下,互いのキャンパスを海外キャンパスとして活用する新たな枠組みの提案があり,Tunon de Lara総長からも非常に魅力的な構想であるとの発言がありました。

引き続き,一行は産学リエゾン共同研究センター(ILC),科学技術国際交流センター(JISTEC)二ノ宮ハウス及び高エネルギー加速器研究機構を視察されました。

本学とボルドー大学は2009年に大学間交流協定を締結し,これまで多くの学生・教職員交流を進めてきましたが,今回の訪問を機にキャンパス相互利用や事務所の設置を通じて,共同研究の更なる推進や共同教育プログラムの構築など新たな展開を進めることとしています。

懇談

集合写真(左から7番目Tunon de Lara総長)

集合写真(左から7番目Tunon de Lara総長)

柿本茂八技術移転マネージャーによる説明(産学リエゾン共同研究センター)

柿本茂八技術移転マネージャーによる説明(産学リエゾン共同研究センター)

 

このページのトップへ