印刷

お知らせ・情報

アジア情報アクセスサマースクール(ASSIA 2013)を開催

2013/06/24

6月22日~24日,春日エリア 情報メディアユニオンで,筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター主催による,アジア情報アクセスサマースクール(ASSIA 2013)を開催しました。期間中には,Mark Sanderson氏 (RMIT University‚ Australia) による「Introduction to Information Retrieval」‚「Evaluation」‚ Iadh Ounis氏 (University of Glasgow‚ UK)による「Modern Information Retrieval Models」‚ Kalervo Jarvelin氏 (University of Tampere‚ Finland) による「User-Oriented Factors in Information Retrieval」‚ Gareth Jones氏 (Dublin City University‚ Ireland) による「Multimedia Information Retrieval」‚ 「Crowdsourcing for Information Retrieval」‚ Douglas W. Oard氏 (University of Maryland‚ College Park‚ USA) による「Cross-Language Information Retrieval」‚ 「E-Discovery」‚ Fernando Diaz氏 (Microsoft Research New York‚ USA)による「Web Search: Information Retrieval in Practice」の9本の講義が行われました。

また,参加者のうち30名がポスター発表を行い,講演者・参加者によるパネルディスカッションでは活発な意見が交わされました。

マレーシア,インドネシア,インド,中国,タイ,チェコ,韓国からの受講者54名の参加を得て,盛況のうちに終了しました。

講義

講義

ポスター発表

ポスター発表

集合写真

集合写真

このページのトップへ