印刷

お知らせ・情報

「第2回 留学生センター長との意見交換会」を開催

2013/06/28

6月28日,留学生センターでは,「留学生センター長との意見交換会」を開催しました。この意見交換会は,本学の留学生をはじめ国際交流に関心を持つ学類生や院生を対象に,学内の国際化に関する意見や考えを話し合う機会の提供と参加者同士の交流の機会の提供を目的として,本年度5月から始まりました。今回の意見交換会は,国際交流に関心を持っている日本人学生ら22人の参加がありました。

今回は,本学のチューターの活動状況を中心に,留学生とチューターが歓談を行い,学類3年次の学生からは,日本語のサポートを含めた留学生の受講補助から日常生活でのサポートや緊急時のサポートにわたる幅広い取組みの報告がありました。

留学生がサポートを必要とする局面は多岐にわたり,チューター学生の負担になることもあります。また,チューター学生が就職活動などで多忙になると,チューター業務の継続が困難になる場合もあり,留学生に適切なサポートを提供することが難しくなったことや,ひとりのチューターが複数の留学生の対応をするケースも見られるとの報告がありました。

意見交換会に参加した留学生とチューターからは,留学生とチューターというペアの単位を越えてより多くの人たちとの情報の交換などの機会を持つこと,さらに,ワークショップやオリエンテーションを開催してより深くチューター制度について考察するなどの提案がありました。

留学生センターでは,チューター制度のあり方について継続的に交流の場を広げていくこととなりました。

この意見交換会は,今後もテーマを決め,月1回程度で開催していく予定です。

DSCF1292_R DSCF1293_R DSCF1294_R

このページのトップへ